お互いの気持ちを尊重しあった婚約指輪選びをしましょう。婚約指輪選びは、いわば二人でスタートする共同生活の第一歩となる作業ということができます。共同作業がスムースに運ぶよう、心配りをする気持ちを持つことも大切な婚約指輪選びの常識だと考えましょう。婚約指輪選ぴの際、心配りしたい第一のポイントは予算です。結婚雑誌のアンケート調査によると、婚約指輪の金額に関する質問で最も多かったのは「30−40万円未満」という回答。平均価格はお万7千円という額でした。「婚約指輪は給料の3ヶ月分が常識」などといわれていますが、これは誤りです。購入するときの経済状態で、購入できる一品を選べばいいのです。婚約指輪は二人の愛の印です。無理をして購入すればいいというものではありません。

婚約指輪を実際に指にはめる女性の人にとっては、「せっかくの婚約指輪なんだから、自分が納得したパーフェクトなリングがほしい」と、あれこれと条件を積み上げていってしまうこともあります。でも、こだわればこだわる分、価格は上がってしまい婚約者の男性を困らせてしまいかねません。これから生活をともにしていく男性の懐事情や気持ちもくんであげて、あらかじめ購入予算を二人の聞で決めておき、予算内で婚約指輪を選ぶように心がけたいものです。

二人で納得するまで話し合うのは決して間違ってはいません。ところが、二人の好みなど、主張が強すぎてしまって意見が一致せず、いつまでも婚約指輪が決まらないケlスも少なくありません。男性が「自分の妻になる女性には、こんな婚約指輪をしてもらいたい」とこだわる気持ちは理解できますが、やっぱり指輪を実際にはめるのは女性です。彼女の意見をある程度組み入れてあげる度量の広さをもちたものです。

女性の側も、婚約者の男性を困らせてしまわないようにしましさつ。婚約指輪選ぴに時間をかけるのは構いません。でも、なかなか決断できずに時間だけがすぎてしまうと、二人の仲が危うくなることも。こだわりすぎない気持ちをもって、一定の段階まできたら自分の直観を大切にして決断するようにしたほうが、婚約指輪選びはうまくいきます。